金沢で婚約指輪を貰うことは女性にとっては大きなポイントの一つ

SITEMAP

結婚指輪

婚約指輪の起源

キス

エンゲージリングとも呼ばれる婚約指輪。結婚式で指輪を交換し合うのに、どうしてその前に、男性から女性にエンゲージリングを贈る習慣があるのでしょうか。婚約指輪の発端は、古代ギリシャもしくは古代ローマからと言われています。
古代ギリシャ、ローマにおいて、婚約の際に婚約の印として鉄の指輪を用いたという話があります。ただ諸説によると、その目的は、現代のように男性から女性へ贈る「愛の証」ではありませんでした。当時はお金や権力の絡んだ売買婚が一般的でしたから、このリングは、男性から女性の父親に渡される、「お金を支払って妻を買ったことの証」だったのです。このように、現代のものとは意味合いが大きく異なるとはいえ、婚約指輪を贈る習慣には、とても長い歴史があります。
では、日本においてはいつからエンゲージリングが贈られるようになったのでしょうか。明治時代にすでに始まっていたと言われていますが、一般的にこの習慣が広く浸透したのは、戦後、西洋諸国の影響を受けていった頃だと言われています。
婚約指輪は、プロポーズの時に準備する単なるジュエリーではありません。長い歴史を誇る、結婚という神聖な儀式に関わる大切な印だということがわかりましたね。

TOP